子宮筋腫が原因で不妊症になる人が増えている

子宮筋腫が原因で不妊に悩まされる人もいます。
子供ができずに悩んでいる人は、もしかすると子宮筋腫の可能性があります。

子宮筋腫と妊娠の関係について考えていきましょう。

子宮筋腫と不妊症の関係について

子宮筋腫ができると、子宮筋腫の大きさに比例して子宮も大きくなっていきます。
子宮が大きくなると、子宮がいびつな形になってしまいます。

子宮の形が正常でなければ、受精しにくい状態になります。
受精がおこなわれない、すなわち不妊症に悩まされることになるのです。

筋腫ができる場所によって不妊の確率は変わってきます。
特に不妊症に悩まされやすいのが、粘膜下筋腫という筋腫です。
粘膜下筋腫ができると、子宮が避妊具を入れているのと同じ状態になります。

もし、受精が行われる直前の状態になったとしても、子宮の状態が悪いため、受精は困難です。
筋腫があるうちは子宮内が硬く収縮してしまうことがあります。
妊娠しても子宮の収縮により、流産してしまう可能性も高くなるのです。

子宮筋腫がある状態でも妊娠している人はいます。
しかし、確率的には筋腫がない人の方が妊娠する可能性は高いです。

筋腫ができている子宮の状態が不妊に影響しているかと言われると、
必ずしもそうではありません。
筋腫ができたことに悩んでしまい、過度のストレスをためてしまうことも、
不妊の原因になります。

また、筋腫の症状がおもわしくなく、
貧血や生理不順に悩まされることが不妊に繋がる可能性も高いです。
万が一受精したとしても、ストレスで流産の可能性は高くなるでしょう。

子宮筋腫がある状態での妊娠について

子宮筋腫がある状態でも妊娠は可能です。
しかし、筋腫がある状態での妊娠は極めて危険とされています。

子宮の収縮による流産だけでなく、早産の可能性も高くなるのです。
ストレスと筋腫が大きくなることで、赤ちゃんが押し出されることが原因と考えられます。
逆に、赤ちゃんが筋腫に邪魔をされると、中々頭が出てこない場合もあります。

子宮筋腫は妊娠すると小さくなると言われていますが、大きくなる可能性も考えられます。
赤ちゃんが出てこない場合は帝王切開をすることもあります。
子宮筋腫が赤ちゃんの出口に近いところにあるのなら、早めにとっておいた方が良いでしょう。

子宮筋腫はストレスにもなりやすい病気なので、あらかじめとっておいた方がよいです。
「赤ちゃんは大丈夫かな?」と思うだけで、精神的な負担や不安になるでしょう。

子宮筋腫改善を自宅で改善

ページの先頭へ戻る