貧血になりやすい人は子宮筋腫の可能性も疑おう

最近貧血気味で良く具合が悪くなるというのであれば、子宮筋腫の可能性があります。
子宮筋腫を抱えている人は、生理時の出血が安定しにくくなります。

出血がいつもより多くなってしまうため、貧血が起こることもあります。

子宮筋腫と貧血の関係性

子宮筋腫が生理不順を引き起こしてしまうのには、子宮の粘膜量が関係しています。
子宮内に筋腫ができると、子宮内の粘膜量が増えます。
筋腫によって子宮の面積が広くなった分、粘膜を張るスペースが増えるということです。

粘膜の量が増えると、生理時の出血が多くなってしまいます。
普通より出血量が多くなる分、いつもより体に重みを感じるようになります。

また、粘膜の影響だけでなく、筋腫が大きくなることによる子宮圧迫が原因になっていることもあります。
いつもなら生理が終わっているはずなのに、出血が止まらない場合は、
子宮が圧迫されている可能性があります。
圧迫され続けていると、常に出血が止まらないこともあります。

子宮筋腫は次第に大きくなり、子宮内の状況が悪化していきます。
始めのうちはいつもより出血が多いと感じるだけかもしれません。

ただ、いつのまにか出血量が増えて、気が付いたときには、
頻繁に貧血が起こるようになっているかもしれません。

貧血で済めば良いのですが、出血性のショック症状になる危険性があります。
出血の量が少しでも増えた時には、警戒しておいた方が良いでしょう。
めまいや立ちくらみが多くなってきたら、貧血の原因を考えてみましょう。

貧血の原因になりやすい過多月経とは

生理で出血量が多くなることを「過多月経」と呼びます。
子宮筋腫が原因で過多月経が起こり、貧血に繋がることは理解頂けたと思います。

では、過多月経とは、どれくらいの生理症状のことを言うのでしょうか。
目安になるのは、ナプキンの交換時の様子です。

  • ナプキンの使用頻度がこれまでより増えた
  • ナプキンを変えるまでの時間が短くなってきている
  • 多い日は外出できない
  • 出血がナプキンの許容範囲を超えた
  • 生理で大きな血の塊が出るようになった

項目の下に行くにつれて症状が悪化していることが分かります。
ナプキンを変える頻度が増えた時には、過多月経を疑った方が良いでしょう。

過多月経はホルモンバランスの崩れや、ストレスの影響でも起こります。
ただ、子宮筋腫の疑いもありますので、早めに産婦人科に行ってください。

子宮筋腫自体は良性のものですが、出血多量で大変なことになるケースもあります。

子宮筋腫改善を自宅で改善

ページの先頭へ戻る