ピルを飲むことで子宮筋腫を小さくできるの?

ピルと言えば、一般的には避妊に使われる薬です。
実はピルは、避妊だけでなく、治療にも使われる薬なのです。

子宮筋腫の治療にも使われる薬なので、覚えておいて欲しいと思います。

ピルの効果について

ピルは、子宮筋腫の治療にも使われます。
治療と言っても、直接筋腫に働きかけることはできません。
ただ、筋腫によって起こる症状を緩和することができます。

ピルが子宮筋腫にどう効いていくのかをいくつかの項目にまとめてみました。

不正出血の緩和

子宮筋腫ができると、子宮内のホルモンバランスが崩れます。
すると、不正出血をする可能性が高くなります。
ホルモンバランスを調整することで、不正出血の可能性も低くなります。

月経日の調整

月経の周期が早くなってきている、月経がなかなか来ない、
このような場合にもピルを使うことがあります。

月経日を調整して、いつもどおりのペースに修正します。

月経痛の緩和

筋腫が大きくなると、月経痛がひどくなることがあります。
筋腫によって、子宮内膜の面積が広がると、出血と痛みがひどくなります。

子宮内膜症の緩和にもピルが使われることがあります。

月経前緊張症の緩和

月経前の苛立ちや不安を抑えることができます。

頭痛、吐き気なども抑えることができるので、月経痛以外のつらい症状に効きます。

ピルの副作用について

ピルは筋腫による症状を和らげる効果があります。
しかし、場合によっては、筋腫を刺激して大きくしてしまうこともあるので注意が必要です。

ピルに含まれるエストロゲンによって、子宮筋腫が膨れ上がることがあります。
月経痛や不正出血を緩和することはできますが、
子宮筋腫自体を小さくして治療することはできません。
逆に大きくする可能性の方が高いので、使いすぎは良くありません。

また、子宮筋腫が大きくなると、周りの臓器を圧迫し始めます。
腰痛、ひん尿、便秘、などの原因になることがあります。
ひん尿に関しては、肝臓と膀胱の圧迫が原因である可能性が高いです。

ピルは、肝臓の機能を弱らせる副作用があります。
ホルモン剤全般にいえることですが、肝機能障害の原因になります。
新陳代謝も同時に下がりますので、体に大きな負担をかけることになります。

ピルによって弱った肝臓を、大きくなった筋腫がさらに圧迫してしまうとどうなるでしょう。
ひん尿や失禁症になってしまう可能性が高くなります。

そして、肝臓が圧迫され続けることによって、肝機能が停止してしまうことにも繋がります。
肝臓を弱らせてしまわないためにも、ピルの服用には注意しましょう。

子宮筋腫改善を自宅で改善

ページの先頭へ戻る