妊娠しているときに発見されても出産に問題はないの?

子宮筋腫があっても妊娠することができます。
ですが、妊娠しているのに子宮筋腫があることがわかったら、
不安になってしまうのではないでしょうか。

そこで、妊娠中に子宮筋腫を発見した場合、どうすればよいのかを考えてみましょう。

妊娠と子宮筋腫について

子宮筋腫は、不妊の原因にもなる病気です。
ですが、妊娠の可能性が0%ではないので、妊娠することができます。

また、子宮筋腫がある状態での性交は可能です。
成功すれば妊娠する可能性もありますし、
子宮筋腫がある状態での妊娠は、特に問題がありません。

ただし、妊娠すると女性ホルモンの分泌量が増えます。
そうなると、子宮筋腫はどんどん大きくなって行ってしまいます。

もとから小さくて存在がわからなかった筋腫がある人でも、
妊娠中に筋腫が発覚することがあります。

妊娠すると、日に日に大きくなる筋腫ですが、胎児に影響はほとんどないので安心してください。
子宮筋腫は、栄養をとりすぎて大きくなりすぎると、もっとたくさんの栄養を必要とします。
今ある栄養だけでは生きることができなくなり、壊死してしまうことがほとんどです。

また、子宮筋腫自体が弾力性のあるものに変化し、子宮の一部になります。
子宮に馴染んでいくので、大きくなって胎児を圧迫してしまうことはありません。

妊娠中の子宮筋腫が起こす問題について

子宮筋腫は、妊娠すると目立たなくなります。
ただ、目立たなくなるまでには少し時間がかかるので、子宮には少し問題が残ります。

子宮筋腫があると、血液の流れが悪くなります。
妊娠中のつらいつわりや痛みが増してしまうことがあります。
鎮痛剤が必要になる場合もありますので、産婦人科で処方してもらいましょう。

また、妊娠中に大きくなりすぎた筋腫が子宮の入り口を狭くすることがあります。
子宮の入り口が狭くなると、胎児が生まれてくるのが遅くなってしまいます。
頭が引っかかって出てこれなくなると、切迫性流産の危険性もあります。

また、子宮筋腫が胎児を押し出してしまうことがあります。
これは切迫性早産という状況に発展し、胎児が未熟児で生まれてきてしまう可能性があります。

子宮筋腫ができる位置によっては、胎児の健康を考えて、帝王切開をすることがあります。
母体に胎児がいる状態では、子宮筋腫の手術は難しいです。
胎児の命がなにより一番大事なので、帝王切開は避けられないでしょう。

ほとんどの場合は、胎児が生まれてくるまでには、筋腫は小さくなっています。
また、筋腫が大きくなったからといって、胎児の成長に影響することはないので、安心してください。
それよりも子宮筋腫の症状で、お母さんのストレスになることの方が危険でしょう。

子宮筋腫改善を自宅で改善

ページの先頭へ戻る