どれくらいの女性が子宮筋腫になるのか?

自分も子宮筋腫になってしまうのではないかと心配している人がいると思います。
どれくらいの女性が子宮筋腫になっているかがわかれば、
自分がなる確率もわかるでしょう。

自分に子宮筋腫ができてしまった時の心の準備のためにも、割合を覚えておきましょう。

どれくらいの女性が子宮筋腫になるのか

子宮筋腫になるのは、成人女性の約20%と言われています。
決して低い数字ではなく、成人を過ぎた女性であれば、誰がなってもおかしくない病気です。

ただ、子宮筋腫が悪性化するのは、全体の0.5%弱となっています。
子宮筋腫になってしまったからといって、命に関わることは滅多にありません。
さすがに放っておくことはできませんが、治らない病気ではないので安心してください。

子宮筋腫は、子宮にしこりのようなものができる病気です。
子宮筋腫になると、月経血が増えたり、月経時に血の塊が出てきたりします。
生理痛がひどくなることもありますので、放っておくことはできないでしょう。

しかし、子宮筋腫になったことに気付かない女性も少なくないようです。
子宮筋腫に気づかなければ、多少自覚症状があっても、
体の調子が悪いだけだと、放っておくことが多いです。

自覚している人は少ないですが、実際に子宮筋腫がある人はもっと多いでしょう。
子宮筋腫は、大きくならなければ、体に異常をきたす病気ではありません。
勝手にしぼんで壊死してしまうこともあるので、
20%以上の人が子宮筋腫をもっているのかもしれません。

子宮筋腫は、できた場所によって、名称が違います。
筋層内筋腫、しょう膜下筋腫、粘膜下筋腫が主な子宮筋腫の種類です。

月経血の増加、血の塊の排出、貧血などの症状が強ければ、
子宮筋腫を疑っても良いでしょう。

子宮筋腫ができてしまった場合の対処法

成人女性の約2割という比較的高い割合でできてしまう子宮筋腫です。
自覚症状が現れたら、産婦人科に行ってください。

悪性化することはほとんどないですが、低い確率ではあっても可能性はあります。
産婦人科で血液検査、MRI検査を受ければ、悪性かどうかがわかります。

できた筋腫が小さければ、治療の必要がないということもあります。
筋腫が大きくなっていて、不妊症などを併発させているのなら、切除手術も必要になるでしょう。
また、薬を飲むことで筋腫を治すことができる場合もあります。

20%近くの成人女性が持っている病気ですので、常日頃からの注意が必要です。
子宮の定期健診も忘れずに受けるようにしていきましょう。

子宮筋腫改善を自宅で改善

ページの先頭へ戻る