主な子宮筋腫の種類と症状をチェック

子宮筋腫は大きく分けて3種類あり、それぞれ症状が違います。
筋層内子宮筋腫、漿膜下子宮筋腫、粘膜下子宮筋腫の3つに分類されています。

それぞれの子宮筋腫の詳細と、症状を見ていきましょう。

筋層内子宮筋腫の症状

筋層内子宮筋腫は、子宮筋腫の中で、もっともできやすいとされているタイプの筋腫です。
子宮筋腫を抱えている女性の約7割が筋層内子宮筋腫です。

大きさは人によって異なりますが、1つ以上できる筋腫です。
数が多くなりやすいので、取り除けるものと、取り除けないものにわかれます。
子宮筋腫は、大きくならなければ、切除の必要はないです。

筋層内子宮筋腫が複数個ある場合、全部は取り除くことができないかもしれません。
小さいうちは症状がないので、一つを切除して、もう一つを薬で治す場合があります。
切除した筋腫が再発しなくても、残っている筋腫が大きくなって、
筋腫の症状を再発させるかもしれません。

大きくなれば、卵管を圧迫し、不妊症の原因にもなる筋腫です。
月経血が増えたり、月経痛がひどくなった時は注意しましょう。

また、妊娠時に大きくなることもあり、流産や早産の可能性が高くなってしまいます。

漿膜下子宮筋腫の症状

漿膜下子宮筋腫は子宮の外側にできる筋腫です。
子宮の表面にでき、キノコに良く似た形をして成長していきます。

1つできると数珠つなぎにできていくことがあります。
漿膜下子宮筋腫は自覚症状がでにくい子宮筋腫でもあります。
大きくなったり、数が増えたりしないと、気付かないこともある筋腫です。

筋腫が大きくなると、いきなり辛い月経痛が襲ってくることがあります。
また、膀胱や直腸を圧迫することもあり、
ひん尿や便秘の原因になりやすい筋腫でもあります。

不妊症の原因にもなりますので、産婦人科での定期健診が必要でしょう。
自覚症状が出にくいため、まずは検査を受けてみるということが必要です。

粘膜下子宮筋腫の症状

粘膜下筋腫は子宮筋腫の中でも厄介な筋腫です。
筋腫が大きくならなくても、激しい自覚症状がでる筋腫です。

子宮の粘膜の内側にできて、子宮粘膜の面積を増やします。
子宮粘膜の面積が広がると、月経血の量が増えます。
大きくなるにつれて、貧血、めまい、月経痛の症状が強くなります。

過多月経や月経不良の原因になりやすい筋腫です。
発見したらすぐに切除手術が行われることもあるでしょう。

ただ、子宮筋腫の中でもできにくい筋腫です。
ほとんどの人は、粘膜下筋腫に悩むことはないでしょう。

子宮筋腫改善を自宅で改善

ページの先頭へ戻る