基礎知識について

どれくらいの女性が子宮筋腫になるのか?

自分も子宮筋腫になってしまうのではないかと心配している人がいると思います。どれくらいの女性が子宮筋腫になっているかがわかれば、自分がなる確率もわかるでしょう。自...

続きを読む

子宮筋腫が発見されることが多い年代は?

子宮筋腫は更年期障害のように、なりやすい年代があります。どのくらいの年齢になったら気をつけなければいけないのかを知っておきましょう。「何歳だから子宮筋腫かもしれ...

続きを読む

子宮筋腫ができる前兆はあるのか?

子宮筋腫は、放っておくとどんどん大きくなり、症状が重くなる病気です。子宮筋腫に早く気付くことができれば、切除することもできます。体の大きな負担にならないように、...

続きを読む

超音波検査やMRI、子宮鏡などの検査方法

子宮筋腫の検査は、3つの検査方法で行われる事が多いです。3つの検査とは、超音波検査(エコー検査)、MRI検査、子宮鏡検査です。この3つの検査がどのように行われる...

続きを読む

主な子宮筋腫の種類と症状をチェック

子宮筋腫は大きく分けて3種類あり、それぞれ症状が違います。筋層内子宮筋腫、漿膜下子宮筋腫、粘膜下子宮筋腫の3つに分類されています。それぞれの子宮筋腫の詳細と、症...

続きを読む

経過観察をするだけで治療をしない場合も

子宮筋腫は、症状と大きさによっては、治療を必要としない場合もあります。それでも筋腫があると、気になって仕方がないという人も少なくないでしょう。治療を必要としない...

続きを読む

子宮筋腫の予防のために生活習慣を見直そう

子宮筋腫は食生活やストレスによって、状態が悪化することがあります。また、子宮筋腫がなかった人でも、子宮筋腫を作ってしまうことがあります。子宮筋腫を予防する為には...

続きを読む

薬物療法で子宮筋腫を治療する際の注意点

薬物療法で子宮筋腫を治す場合でも注意が必要なことがあります。筋腫が大きくなければ現状維持や子宮を徐々に小さくするために、薬物療法を使うことがあります。手術の必要...

続きを読む

子宮筋腫は悪性化することはほとんどない

「子宮筋腫は放っておくとガンになるのではないか」そう考える人も多いようです。ただ、子宮筋腫は基本的に良性の腫瘍です。体に悪さをすることはありますが、筋腫そのもの...

続きを読む

子宮筋腫改善を自宅で改善

ページの先頭へ戻る