子宮動脈塞栓術の注意点と費用相場について

子宮筋腫の手術の中には、子宮動脈塞栓術というあまりなじみのない手術があります。
なじみのない手術なので、手術を行っている病院が少ないです。

手術を行っている場所が少ないためか、手術に関する情報も、とても少ないです。
手術を受けることになった場合に少しでも不安が少なくなるように、
子宮動脈塞栓術の方法と費用相場をまとめました。

子宮動脈塞栓術について

子宮動脈塞栓術は子宮筋腫以外の病気がないことを前提に行われる手術です。
条件が厳しいこともあり、ほとんどの病院ではこの方法で手術をすることはありません。
手術の方法も難しく、足の付け根から管を通し、筋腫の原因を薬で取り除いていく手術になります。

管から投与される薬は「ゼラチンスポンジ」と言われています。
このゼラチンスポンジを動脈に注入して、筋腫を縮めていく治療です。

筋腫をメスで切り取る手術ではないので、術後の痛みは少ないです。
ただし、筋腫を完全に摘出するわけではないので、再発の可能性が高いです。
筋腫がそれ以上大きくなることはなくても、現状維持の状態が続くことになります。

子宮筋腫の症状である子宮からの出血、貧血、月経不良は改善されるでしょう。
ただ、完全に治ることはないので、手術としては力が弱いかもしれません。

また、手術を受ける際に、動脈の太さが足りない場合、手術を断られることがあります。
動脈に管が通ったとしても、管で動脈を傷つけてしまうこともあります。

動脈に傷がついてしまった場合、治療は中断されます。
中途半端に治療が終わってしまうこともあるため、あまり好まれていない手術のようです。

体に目立つキズを作らない、手術の痛みが少ない、入院期間が2〜3日と短い、
それ以外のメリットは考えられないでしょう。

筋腫の症状が軽く、体にキズを作りたくないという人は受けられる手術です。
ただ、病院が見つかるかなど、条件が厳しいことも覚えておきましょう。

子宮動脈塞栓術の費用相場について

手術を行う病院が少ないこと、手術が難しいことにより、費用は他の手術よりも高くなります。
子宮動脈塞栓術の相場は約40万円となっています。

保険が適応されるので、実際に患者が負担する額としては、もう少し安くなります。
高額療養費の保険も適応されますが、所得や契約内容によって大きく左右されるようです。
保険等の契約の確認は、予め行っておきましょう。

子宮動脈塞栓術は費用が高い手術でもあります。
手術前には、よく検討する必要があるでしょう。

子宮筋腫改善を自宅で改善

ページの先頭へ戻る