食生活が与える影響

体脂肪が多いと子宮筋腫になりやすいと言われています。
それなら、子宮筋腫には食生活も関係しているのではないかという疑問が湧くでしょう。

病気は食事法で治せることがあります。
子宮筋腫に限らず、食事のバランスは大切です。

子宮筋腫を防ぐための食生活

子宮筋腫の原因ははっきりしていませんが、食事法である程度防げる可能性があります。
子宮全般の病気に対する食事法は、ある程度確立されています。

まず、体脂肪が多いと、子宮筋腫の成長を早めることになります。
動物性の脂肪は特に子宮筋腫の成長を早めます。
脂肪分が体脂肪を増やすことが、まず第一の原因となります。

第二の原因としては、動物性の脂肪には、
女性ホルモンの分泌を促進する作用があるということが上げられます。

エストロゲンの影響で子宮筋腫ができることがありますので、
動物性の脂肪は、できるだけ控えた方が良いでしょう。

動物性の脂肪はその名の通り、豚肉や牛肉に含まれています。
植物性の脂肪には、あまりエストロゲンを促進させる作用はありません。

植物性の脂肪分は、大豆や豆製品に含まれています。
大豆は特に女性ホルモンに似た成分が含まれています。
「それなら、大豆は食べない方が良いのではないか」という疑問が出てくると思います。

ただ、現在の日本人は、大豆や豆製品をあまり好んで食べていないように思えます。
それよりも、動物性の脂肪を多く摂ってしまう傾向にあります。

「控えた方が良い」「食べない方が良い」とでは全く違った意味になります。
要は、女性ホルモンの分泌を促す作用があるものでも、
バランス良く食べていくことが大切だということです。

積極的に取った方が良い成分は鉄分と食物繊維です。
鉄分は特に、子宮筋腫による不正出血に効果があります。
貧血を防ぐためにも、積極的に摂取していったほうが良いでしょう。

食物繊維が含まれている食べ物は便通が良くなります。
子宮筋腫になると、便通が悪くなるので、整腸成分の含まれる食べ物は積極的に摂りましょう。

また、野菜にはビタミンが含まれています。
ビタミンは、肝臓の働きを良くするのと共に、エストロゲンの調整を行うことができます。
野菜を多く食べると、エストロゲンのレベルが下がることがあります。

偏った食事は健康に良くありませんが、やはり積極的に摂った方が良い食材はあります。
子宮筋腫に影響しやすい物は少なめに、良い物は多めに摂っていきましょう。

定期的に肉を食べるのも大事ですので、美容や健康と合わせて、
子宮筋腫の食事対策をしていきましょう。

子宮筋腫改善を自宅で改善

ページの先頭へ戻る