女性ホルモン(エストロゲン)が影響している

女性ホルモンの一種で、エストロゲンと呼ばれる物質は、
子宮筋腫を作りだす物質といわれています。

エストロゲンがたくさん分泌される女性は、子宮筋腫ができやすいです。
また、エストロゲンは子宮筋腫を悪化させる原因になっていると考えられています。

エストロゲンが子宮筋腫の原因になる理由

子宮筋腫に実際になった人のデータを調べてみると、
体内にエストロゲンが多い人がなっている傾向にあります。
逆に、エストロゲンが少ないと、子宮筋腫はできにくいとされています。

エストロゲンは月経が繰り返されることによって増えていきます。
妊娠していない女性は、エストロゲンが増えやすい状態にあります。

月経開始から終了まで、エストロゲンは少しずつ増えます。
排卵時は特にエストロゲンの割合が増えます。
ですから、月経が長く行われる女性は子宮筋腫になりやすいと言われています。

なお、妊娠中は月経が行われないので、月経によるエストロゲンの増加は止まります。
ただ、妊娠中は女性ホルモン全体の分泌量が増えます。
エストロゲンも例外ではなく、大量に分泌されることになります。

しかし、それが逆に子宮筋腫に対して、撃退効果があることが分かっています。
エストロゲンを吸収して、大きくなりすぎた筋腫は、やがて壊死してしまうのです。
壊死した筋腫は少しずつ小さくなり、やがて消えて行ってしまいます。

さらに追い打ちをかけるように、授乳期には月経が行われません。
ということは、エストロゲンの分泌も抑えられるということになります。
子宮筋腫が残っていても、栄養をとれる物質がないため、消えてなくなることになるのです。

子宮筋腫は不妊症の原因になることがあります。
ただ、不妊症になる前に妊娠すると、子宮筋腫は成長しなくなるのです。
子宮筋腫と妊娠はとても不思議な関係性をもっているのです。

子宮筋腫が流行り出した理由

最近は子供を作らない家庭が多くなってきたので、子宮筋腫の女性も比例して増えてきています。
少子高齢化と生涯女性が働き続けることが原因で、子宮筋腫が増加してしまったのかもしれません。

女性が働き続けることは悪いことではありません。
しかし、ストレスやエストロゲンの影響で、子宮筋腫ができやすくなっているのは事実です。

また、子供を産んでいる家でも、一人っ子の家庭が多くなってきています。
子供を産んだからといって子宮筋腫ができる可能性がなくなるわけではありません。
月経が繰り返されることで、子宮筋腫ができることを覚えておきましょう。

子宮筋腫改善を自宅で改善

ページの先頭へ戻る