子宮頸管ポリープの主な原因と治療法について

子宮頸管ポリープは妊娠を妨げることがあります。
見つかってすぐに治療することができるので、恥ずかしがらずに処置をしてもらいましょう。

では、その子宮頸管ポリープはなぜできてしまうのかを考えてみましょう。

子宮頸管ポリープの原因について

子宮頸管ポリープは、子宮の粘膜が増え続けることでできるできものです。
粘膜は増殖すると、キノコ状の突起物に変化していきます。

子宮と膣との間に、子宮頸管と呼ばれるものがあります。
そこの粘膜が異常を起こし、増殖を始めると、子宮頸管ポリープができることがあります。
子宮内膜でも同じ症状が起こることがあり、それを子宮内膜ポリープと呼んでいます。

子宮頸管ポリープの大きさは2〜3ミリと小さく、複数個連なってできることがあります。
大きくなっても1センチ弱と、非常に小さなしこりなので、自分で触ってわかるものではないです。

子宮頸管ポリープのはっきりとした原因は分かっていません。
ただ、たくさん子供を産んだ女性にできることが多いです。
また、女性ホルモンの影響、細菌感染の影響など、考えられることはいくつかあります。

子宮頸管ポリープは妊娠中にかかると、胎児に影響がでます。
できるだけ妊娠前に検査を受けて、ポリープがないかを確認しておきましょう。

ポリープができてしまっても、自分自身に大きな影響はありません。
不正出血が増えるくらいで、見つけて簡単な治療をすれば、悪性化する心配もありません。

子宮頸管ポリープの治療について

子宮頸管ポリープは悪性に変化することがあります。
ですが、ほとんどの場合は、子宮ガンを心配して検査をして、取り除かれてしまう場合が多いです。

手術は短時間で終わる切除手術になります。
ポリープが根付いていなければ、麻酔なしで簡単に取ることができます。
出血は多いものの、輸血が必要になるだけ大量出血をすることはありません。

妊娠中にポリープが見つかった場合、リスクが大きくなります。
妊娠中に無理な手術をしてしまうと、流産や破水の可能性が高くなります。

ですが、医師の考え方としては、胎児に感染症などの影響があるかもしれないので、
取ってしまった方が良いとされています。
妊娠中は切除するのかしないのかがはっきりしません。

ただ、悪性ではない限り、手術で流産してしまうのが恐いので、
手術はしない方が良いかもしれません。

ポリープの症状や状態によって、きっちり相談して手術を決めた方が良いでしょう。

子宮筋腫改善を自宅で改善

ページの先頭へ戻る